186番です。 文番号は、186,187,188と別れていますが、短いスチーブンスの発言です。まとめてやってしまいます。 186 After a moment or two, I said: 187 'More like swallows than crows, I would have said, sir. 188 From the migratory a…

185番です。 some statement which would still be safely inoffensive in the event of my having misjudged the situation. 小文字で始まっていますが、前の文がセミコロンで終わっていたせいです。 それにしても、完全な文ではないようですね。 前の文…

184番です。 I therfore set about thinking of some witty reply; 前の文では、ご主人様のスチーブンスに対する冗談が悩みや煩わしさのもとであると説明していました。 それならば、あらかじめその答えを用意しておこう、とスチーブンスは考えたようです…

183番です。 As it happened, I had that same morning been giving thought to the dilemma of whether or not I was expected to reciprocate my employer's bantering, and had been seriously worried at how he might be viewing my repeated failur…

182番です。 My employer was reffering, I realized, to pair of gypsies gathering unwanted iron who had passed by earlier making their customary calls. 分解してみます。 ① My employer was reffering ② , I realized, ③ to pair of gypsies ④ ga…

181番です。 'I suppose it wasn't you making that crowing noise this morning, Stevens?' 前の文とはセミコロンで分けられていました。話しかけられた内容です。ピリオドで区切った場合とどう違うのかはわからないと言うしかないのですが。 分解してみ…

180番です。 I was serving Mr Farraday morning coffee in the breakfast room when he had said to me: 最後はコロンになっています。ファラディさんがおっしゃった言葉が続くようです。 教科書的な過去進行形(現在進行形の過去形という方が分かりやす…

179番です。 I did though on one occasion not long ago, pluck up the courage to attempt the required sort of reply. pluck up を強調したかったようです。did を入れています。その間に though 節が挿入されているので、分かりにくい形になっていま…

178番です。 One need hardly dwell on the catastrophic possibility of uttering a bantering remark only to discover it wholly inappropriate. 久し振りに、接続詞などのない単文ですが、分解してみます。 ① One need hardly dwell ② on the catastr…

177番です。 For one thing, how would one know for sure that at any given moment a response of the bantering sort is truly what is expected? 「書は人なり」と言いますが、「文も人なり」なのでしょう。スチーブンスはこういう性格、あるいは職業…

176番です。 but bantering is of another dimension altogether. 前の文はセミコロンで終わっていました。つまり、この文は前の文の一部、つまり続きというわけです。ということで、小文字で始まっています。 それはともかく、ここでは of が表している…

175番です。 It is all very well, in these changing times, to adapt one's work to take in duties not traditionally within one's realm; セミコロンで終わっています。内容は次の文に続くのですが、ここでいったん切っておきます。 It は形式主語で…

174番です。 But I must say this business of bantering is not a duty I feel I can ever discharge with enthusiasm. この文も短めで助かります。途中、bantering の後ろに関係代名詞 that もしくは which が略されています。と言い出すと、I feel や …

173番です。 This is, as I say, a matter which has given me much concern. これは分解の必要はなさそうですね。 which が関係代名詞で、先行詞は a matter です。つまり、「このこと」を改めて後ろから修飾しているということです。 この後ろから修飾…

172番です。 It is quite possible, then, that my employer fully expects me to respond to his bantering in a like manner, and considers my failure to do so aform of negligence. この長さならと思いますが、まず分解してみます。 It is quite po…

171番です。 And I recall also some years ago, Mr Rayne, who travelled to America as valet to Sir Reginald Mauvis, remarking that a taxi driver in New York regularly addressed his fare in a manner which if repeated in London would end in…

170番です。 In fact, I remember Mr Simpson, the landlord of the Ploughman's Arms, saying once that were he an American bartender, he would not be chatting to us in that friendly, but ever-courteous manner of his, but insead would be ass…

169番です。 For it may well be that in America, it is all part of what is considered good professional service that an emplyee provide entertaining banter. 特に入り組んではいないようですが、分解してみる手ですね。失敗が少ないはずです。 ①…

168-b 番です。(番号を付けるときにミスをしたため、ーbになっています) This last possibility is one that has given me some concern over these months, and is something about which I still feel undecided. とりあえず分解してみます。とい…

168番です。 or indeed, reciprocate with some remark of my own. 今度も短い文です。 というか、先頭は小文字で始まっていますし、前の文はセミコロンで終わっていました。前の文と一体のようですね。 ということで、reciprocate は 前の文の動詞、was …

167番です。 Perhaps I was expected to laugh heartily; 短い文です。 前の文では、期待されていることが十分に分かっていなかった、とスチーブンスが述懐していました。 その期待のされ方はどんなものだったのかを、自分で見当をつけている文ですね。 …

166番です。 Nevertheless, I could never be sure exactly what was required of me on these occasions. 途中に関係代名詞 what の節が入り込んでいるだけです。 分解も何も特に考えることもなく普通に訳せてしまいます。 「とはいうものの、そういう時…

165番です。 Over the following days, however, I came to learn not be surprized by such remarks from my employer, and would smile in the correct manner whenever I detected the bantering tone in his voice. これも分解してみます。 ① Over th…

164番です。 Then I realized he was making some sort of joke and endeavoured to smile appropriately, though I suspect some residue of bewilderment, not to say shock, remained detectable in my expression. 例によって分解してみます。 ① Then…

163番です。 For a moment or two, I had not an idea what my employer was saying. いつもこういう文だと助かりますが。 いつもの分解もするほどのことはなさそうですが、関係代名詞 what が使われていますので、ちょっとやってみてもいいですね。 ① Fo…

162番です。 She may be just your type.' さいごにアポストロフィで閉じられていますので、ここまでがファラディさんのセリフというわけですね。 直説法の may be で書かれています。仮定法の might ではないので、確定的に「かもしれない」と言ってると…

161番です。 Keep her entertained in all that hay. 命令文になっています。主語は you ですから、それを補って普通の文にすると、 You keep her entertained in all that hay. と書きなおすことができます。 SVOC の文型になっています。 前半は「…

160番です。 Maybe you could take her out to one of those stables around Mr Morgan's farm. 前後に引用符はありませんが、これもファラディ―さんの発言で、いくつか話したうちの一つです。 前の文と同じように、省略されている語句を補うことができま…

159番です。 'Maybe you could keep her off our hands, Stevens. と、今回はこれだけです。 could は仮定法ですね。ファラディさんが想像していることを表しています。 (I) Maybe (ask you that) you could keep her off our hands, Stevens. と、省略さ…

158番です。 'God help us if she does come,' Mr Farraday replied. 英語では会話部分は、まず会話の一言を書いて、それを引用符でくくり、それを言った人を明示して、その後に、続きの言葉を書くというのが鉄則のようです。 ここでも、この文の後に、フ…