213-bです。文番号を間違えましたので、変則ですが気にせずに。

 

We were all essentially cut from the same cloth, so to speak.

 

前の文を補足している、あるいは、言い換えている文ですね。

日本なら、金太郎飴を持ち出すところかなと思いますが。

分解するほどでもないようですが、例のごとくやってみます。

 

① We were all essentially cut SV
②        from the same cloth,  前句
③ so to speak.

挿入句 熟語 

so to speak = so to say いわば

 

こんな風に分解できます。

 

①は、受動態ですね。by 以下は省略されていますが、多分 God でしょうね。

We were cut という受動態の文に all と essenially という副詞が挿入されているわけです。essenially は、「つまるところ」という訳も辞書に書いてありましたが、

「我々は、みんな 本質的に 切り出されていた」

となります。

 

②は、「同じ布から」ですから、要するに、柄ばかりでなく、素材の質も同じということにも注意ですね。

①②をあわせて、

「私たちは、みんな つまるところ 同じ布から 切り出された ものでした」

となりますね。

 

③は、熟語です。「いわば」です。

 

というところで、まとめれば、

「私たちは、つまるところ、みんな同じ布から切り出されたものだったのです、言ってみればでございますが」

としました。