2020-10-31から1日間の記事一覧

137番です。 It was only after I had mentioned Miss Kenton that I suddenly realized how entirely inappropriate it would be for me to continue. なかなか入り組んだ文になっています。 というのも、このプロローグの章は、スチーブンスが語り手と…