186番です。

 

文番号は、186,187,188と別れていますが、短いスチーブンスの発言です。まとめてやってしまいます。

 

186  After a moment or two, I said:

187  'More like swallows than crows, I would have said, sir.

188  From the migratory aspect.'

 

186は、一つの瞬間、か、二つの瞬間、かですから、

「一呼吸おいてから、お応えしました」

あたりでいいと思います。

 

187は、would が仮定法です。ご主人様に対する敬意を表していますが、今まで訳してきたように「でございます調」に似合う言葉遣いなら、それでいいわけです。

この文は倒置されています。普通の語順に直せば、

I would have said More like swallows than crows, sir.

となります。

「カラスと申すより、ツバメと申す方がようございます」

として、188を付けくわえればいいですね。

 

188は、印象と、習性の二つの側面から判断すると、と言っています。

この辺りが、スチーブンスの冗談のオチの決め手になるようですが、ちょっと弱いですね。

カラスは定住性の鳥であり、ツバメは移動性の渡り鳥であるということを冗談で表現して、ファラディ―さんをぎゃふんと言わせようと作戦を練ってきたのですが、うまくいくといいですが。

「移動することを考えると」

としておきます。

 

まとめると、

「私は一呼吸おいてから、お応えいたしましたが、カラスと申すより、ツバメと申した方がようございます。移動してきていますから」

となりますが、カラスとツバメが反対のように思いますというか、移動の定義が問題だと思います。

つまり、ジプシーとしての移動か、行商としての移動かが、はっきりしていないことですね。

どっちがいいのでしょうか。

  

 

 

185番です。

 

some statement which would still be safely inoffensive in the event of my having misjudged the situation.

 

小文字で始まっていますが、前の文がセミコロンで終わっていたせいです。

それにしても、完全な文ではないようですね。

前の文の some witty reply を別の言葉で言い換えて、わかりやすく説明しているのですね。セミコロンの意味は、「すなわち」とか「つまり」とか、同格のものを表しているようです。

 

念のため、分解してみます。

 

① some statement

② which would still be safely inoffensive

③ in the event of my having misjudged the situation.

 

①は、「つまり、その返事とは、」となります。some は、ある、とか、何か、の意味ですね。statement が単数であることに気をつけてください。ここが複数であれば、いくらかの というsome の普通の意味になります。

①は名詞だけで動詞がありません。ということで、完全な文ではなく、前の文と同格、つまり説明になっているのです。

 

②の which は関係代名詞で、先行詞は statement です。②と③が、①にかかっていく構造です。このwhich は、ちゃんと動詞があり、文として完結しています。

③の my having misjudged the situation の having misjudged と完了形になっており、それ以前に済んでいた過去の動作を表しています。さらに、having は動名詞として働いており、my は、その動作の主人公、つまり、主語となっています。文字で書くとじれったいことになりますが、

「私が状況を間違えた場合において」

ということですね。これが②へ続いていき、

②の would は仮定法で、想像していることを表しているのですから、

「安全に あたりさわりのない ままで あるような」

① 何らかの 表明 と、かかっていくわけです。

 

まとめると、

「つまり、おっしゃったことの意味を私が取り違えたとしても、戸惑わせたりしないような 返事を用意しておくことにしたのでございます」

となります。

 

 

 

 

184番です。

 

I therfore set about thinking of some witty reply;

 

前の文では、ご主人様のスチーブンスに対する冗談が悩みや煩わしさのもとであると説明していました。

それならば、あらかじめその答えを用意しておこう、とスチーブンスは考えたようです。

 

この文は特に分解などはしなくてもよさそうです。

 

set about は、とりかかる、扱う、処理する、などと辞書に出ていました。

 

ということで、

「そこで、あらかじめ 気のきいた返事を 考えておくことにしました」

となります。

もう少しいい訳がありそうですが。

 

 

183番です。

 

As it happened, I had that same morning been giving thought to the dilemma of whether or not I was expected to reciprocate my employer's bantering, and had been seriously worried at how he might be viewing my repeated failure to respond to such openings.

 

長い文です。分解が必要ですね。

 

① As it happened,

② I had

③      that same morning

④         been giving thought to the dilemma of whether or not

⑤                           I was expected to reciprocate my employer's bantering,

⑥ and had been seriously worried at

⑦       how he might be viewing

⑧                                     my repeated failure to respond to such openings.

 

こんな風に分解できます。

まず、①は前の文ファラディさんが質問した出来事が起こったときに、ということですね。これは as 節ですが、when 節とおなじです。

②から⑤までの文と、⑥からの文と、この二つの文がand で結ばれています。この二つが as 節に対して主節になっています。

②は、④に続いています。つまり、③は挿入句というわけで、③を抜いて考えれば、②から④へ、had been という形につながっていることが分かります。

そうすると、⑥の and 以下の had been と同じ形になることが分かります。対句ですね。改めて書いておくと、

       I  had been giving thought to ...

and    had been seriously worried at ...  

となります。

 

構造が分かれば、何とかなりそうですね。要するに、ファラディさんが質問した時に、スチーブンスは二つのことを悩んでいたようです。

 

④は whether or not は、接続詞的に使われるようです。「(~する)かどうか」です。

⑤は、「ご主人様のボケに対してツッコミを返すことが期待されている」ことですから、④の whether or not 「するかしないかというジレンマに、考えることを突き付けられていた」となりますね。

thought to the dilemma となっているので、to を使うことに、へー、こうなんだ、ととりあえず納得するのですが、もし自分で英語で言うことになったら、間違いなく of を使って thought of the dilemma というでしょうね。

前置詞は、私たち日本人からすると、一筋縄ではいかない意味を持っているようです。また、感覚的なズレというものも感じます。

⑤は、「ご主人様の冗談に応えることを期待されている」です。

ここまでをまとめると、

「ちょうどその時、私は ご主人様の冗談に お応えした方がいいかどうかに 悩んでおりましたし」

となりそうです。

 

そういう気持ちでいるところへ、ご主人様が謎を含んだ質問をしてきたものですから、スチーブンスは身構えてしまうのですね。

⑥⑦⑧は、ファラディさんが罠をかけようとしていることを見抜いているスチーブンスが思っていることですね。

「こういう始まりに どうせまた 受け止め方を 間違えると ご主人様は 見通して

いらっしゃると 心配しておりました」

とりあえず直訳すれば、こういう感じでしょうか。

 

まとめると、

「ちょうどその時、私は ご主人様の冗談に どうお応えするかに 悩んでおりましたし、 こういう始まりの 受け答えに また躓くはずだと 思ってらっしゃることが  煩わしくもありました」

としました。

 

 

 

182番です。

 

My employer was reffering, I realized, to pair of gypsies gathering unwanted iron who had passed by earlier making their customary calls.

 

分解してみます。

① My employer was reffering

②  , I realized,

③                             to pair of gypsies

④                                                  gathering unwanted iron

⑤                                             who had passed by

⑥                                   earlier    making their customary calls.

ここまで細かく分解しなくてもいいとは思いますが。

前置詞句、現在分詞、関係代名詞などで分けてみた結果です。

 

①は、過去進行形です。現在進行形の過去形ということです。「ご主人様は、おっしゃっていた」ですね。reffering は、③の to pair of gypsies に続いていきます。

 

②は、コンマで挟まれて挿入節のようになっていますが、これが主節です。「私は知っています」ということで、I know をより丁寧に言っていることになります。ご主人様に言っているわけですから、より丁寧、うやうやしく言うわけです。主節らしく、語順を書き換えると、

I realized (that) my employer was reffering to pair of gypsies ...

となります。 that を補いましたが、that 以下のことを知っている、となります。

 

①の reffering は、③の to pair of gypsies に続くのですが、この部分は gypsies を主語のように訳すといいようです。

「二人のジプシーが、~していることをおっしゃっているのだなと思いました」となるわけです。

 

④は、鉄くずの引き取りをしている、ですね。不要金属製品回収業者ということになります。

ジプシーは、イージプシアン、つまりエジプト人、のなまったものだと思います。エジプトから地中海を渡って、ヨーロッパやイギリスに出稼ぎに来ている人たちのことですね。家族を中心とする集団で移動しながら稼いでいるわけです。

 

⑤は、(この邸館の横を)通り過ぎた(ジプシーが)、です。

⑥は、earlier は、比較級になっていますが、何かと比較しているのではなく、単純に朝も早くから、という意味ですね。強調です。

making their customary calls は、「いーしやきいもぉお」とか、「わらびぃいもちー」とか、「廃品回収車が参っております」とかの商売上の掛け声のことですが、一言ではなんと言うのでしょうか。

 

ということで、まとめると、

「ご主人様は、朝早く邸館の前を、廃品の回収を知らせる大きな声を上げながら通り過ぎたジプシーのことをおっしゃっているのだと思いました」

となります。

 

 

 

 

181番です。

 

'I suppose it wasn't you making that crowing noise this morning, Stevens?'

 

前の文とはセミコロンで分けられていました。話しかけられた内容です。ピリオドで区切った場合とどう違うのかはわからないと言うしかないのですが。

 

分解してみましょう。

① 'I suppose

②                  it wasn't you making

③                that crowing noise this morning, Stevens?'

こんな感じになります。

②のIt は、この形なら仮目的語ということになり、真の目的語は、③のthat 以下です、と説明することになるのですが・・・。

中心になる文は、②と③ということになりますが、最後に ? マークがついているので、この文は疑問文なんですね。倒置形になっていることに注意しなければいけないようです。

倒置する前の形は、

you wasn't making it that crowing noise this morning, Stevens?

となります。

 

あれれ、 that は関係代名詞で、it はその先行詞に見えますね。

と言っても、that 以後は文にはなっていないところが不思議なところです。

たぶんこれも正解です。

ということで、仮目的語、といい、先行詞、といい、名前は異なっていますが、文の中での役割は、そう変わらないようです。

ただ、倒置形にして、先行詞と関係代名詞が離ればなれになるとこういう不思議な文になってしまうようです。it は、主格も目的格も同じ形というのが、それに輪をかけているようです。

 

いろいろ悩みましたが、結局、正解は it と that crowing noise というが同格ということだと思います。疑問文で、目的語が離れてしまうので、it で受けておいたということです。訳としては、

「けさがたの あの カラスが出すような やかましい音は お前が出していたのかね」

とすればいいようです。

 

日本文は、あまりこういう疑問文とか反語文を使わないように思います、特に最近は。字面をそのまま取り上げられて、というか、切り取られて、というのが最近の傾向ですが、いちゃもんをつけられるのを警戒するのですね。

それにしても、こういう文をさらりと書くカズオ・イシグロはさすがだと思います。

 

直訳すれば、

「お前は けさ カラスが出すような騒音を たててはいなかった かね」

となります。これでいいようですね。

 

教室では悩みましたが、疑問文の語順が解決を長引かせたわけです。原点に確認しましたが、ミスタイプはありませんでした。

 

 

 

 

180番です。

 

I was serving Mr Farraday morning coffee in the breakfast room when he had said to me:

 

最後はコロンになっています。ファラディさんがおっしゃった言葉が続くようです。

教科書的な過去進行形(現在進行形の過去形という方が分かりやすいかも)とSVOOの文型です。

 

when 節は、「ファラディさんが私に話しかけられたとき」ですね。

in the morning room は、「朝食の部屋で」でいいと思いますが、ダーリントンの邸館なら朝食室という専用の部屋があっても不思議ではなさそうなので、「いつもの朝食の部屋で」としておきましょう。

I was serving Mr Farraday morning coffee は、SVOOですから、「私はファラディさんに朝のコーヒーを用意しておりました」となります。

 

英文の順につなげれば、

「ファラディさんが話しかけられたとき、いつもの朝食の部屋で 私は朝のコーヒーの用意をしておりました」

となるのですが、どうもしっくりしません。ということで、

「いつもの朝食の部屋で、私が朝のコーヒーを用意しておりますと、ご主人様が話しかけられました」

としました。

この方が落ち着くと思うのですが。