1-64です。

 

And indeed, it was then that I felt a new resolve not to be daunted in respect to the one professional task I have entrusted myself with on this trip, that is to say, regarding Miss Kenton and our present staffing problem.

daunt   を威圧する

 

長いですね、スチーブンスらしいと思う文です。分解してみます。

 

① And indeed,

② it was then

③ that I felt a new resolve not to be daunted

④ in respect to the one professional task

⑤ I have entrusted myself with on this trip,

⑥ that is to say,

⑦ regarding Miss Kenton and our present staffing problem.

 

こんな風に分解してみました。

まず、スチーブンスがこの旅に出たいきさつをここで整理しておきましょう。

ダーリントンの邸館は、時代が変わり以前のような役割を果す華やかなところではなくなり、持ち主も変わりました。スチーブンスは残って運営に当たっているのですが、スタッフの職務遂行能力はギリギリな状態です。そこで思い出したのが、以前一緒に働いていたケントンさんの存在です。彼女なら仕事のことは知り尽くしているし、この窮状を救ってくれるように説得してみようと、ファラディさんがアメリカに帰っている休暇を利用して自動車旅行に出発したのでした。それとは別に、冗談を使いこなすという目標もあるのですが。

出発したものの、走っているルートに自信が持てなくなり、いったん止まる羽目になります。そのときに、そこに居合わせた住民に勧められて小高い山に登り、雄大で落ち着いた景色を眺めていると、失われていた自身が戻ってくるようだと、感じているのが、大体このあたりの場面です。

まあ、自信喪失のスチーブンスは何とか自信を回復しつつあるようです。

 

①は、62の文でできた心構え、というか、この旅の目的に対する意識が明確になったことを確認している感じです。しみじみと思っているのでしょうね。

「いや、確かに」という感じでしょうか。

 

②の it は、62の心構えをさしています。

「それはつぎのようなことです」ですが、③の that 以下のことです。

 

③は、「威圧されたのではない新しい解決だと私が感じたこと」です。

not は不定詞を否定するものです。この不定詞は受動態になっており、それが

resolve にかかっているのですが、威圧されたのではない、ということの意味が重要ですね。強制される、とか、やむを得ず、そうせざるを得ないといった感じの、否定です。自然に、素直に、ということでしょうか。

 

④は、解決する問題がどこにあるのかという場所を説明しています。respect は敬意、重要性みたいなことでしょうか。

それが the one professional task 「一つの職業的な課題」に対して、に対する、ものですね。

 

③④をまとめれば「業務上のある重要な問題の新しい解決法だと感じた」という感じでしょうか。

 

⑤の entrust myself は、自分自身に任せる、のですから、解決策を見つける、ということです。

 

⑦が解決する問題ですが、その前に⑥が入っていますが、スチーブンスの口癖ですね。

「つまりは、ケントンさんと我々の従業員の業務割り振り問題にかかわる」となります。

 

全体の訳をまとめるのは、後ろから訳を積み重ねてくればよさそうです。

というところで、

「私が今度の旅に出て解決しようとする、つまりは 私たちの従業員業務割り振りとケントンさんに関する この旅に時分自身に課した 使命の重要性から 解き放たれるような 思いがしたのでございます」

としておきます。

あくせく考えるのはやめようということでしょうか。

 

 

 

1-63です。

 

For it was then I felt the first healthy flush of anticipation for the many interesting experiences I know these days ahead hold in store for me.

anticiparion   予期 予想 期待  

 

スチーブンスの物言いは複雑です。もっと簡単に言えそうなんですが、そういうキャラですからやむをえません。

分解してみます。と言っても、それも結構考えます。

前の文では、ちょっと頑張って高いところまで登り、遠くの景色を見晴らしながら、これからの旅を思うと、何かしら気持ちが高ぶってくるというようだと、スチーブンスは感慨にふけっているところでした。

さて、その感慨は期待なのか不安なのか、ということですね。

 

① For it was then

② I felt the first healthy flush of anticipation

③ for the many interesting experiences (that)

④ I know these days ahead

⑤ (be) hold in store for me.

 

こんなふうに分解しました。省略されている関代、be動詞を補ってあります。

anticipation と言っていますから、道を間違えているのではないかという心配より、遠くまで広がる穏やかなイギリスの景色を見て、安心感とともに期待が膨らんできているように思われます。

 

①の it は前の文で、心に沸き起こってきた気持ち全体のことです。で、その理由を言うよという宣言が For です。it = ② です。

「というのは、その時感じたことは・・・こんなことです」

という感じです。

 

それが②以下です。②は、SVOの文型で、私は、the first healthy flush of anticipation を感じた、と言っています。healthy とあるので、牛が点々と見えている田園風景を見て、道に対する不安が消え、旅に対して期待が膨らんできている様子がうかがえます。

健康的、ですが、「屈託のない」とか「手放しの」「安心して」というような感じです。

スチーブンスは心配性というか、失敗がないことが理想と考える性格のようで、そもそもジョークには向いていないのですね。ありとあらゆることが経験だと考えることができれば、と思いますね。

この first は、③で出てくる新しい経験を踏まえて、まず最初の経験、体験といっていると考えたらいいです。

ということで、

「私は、やっと安心して期待感が膨らんでくるのを感じた」

となりますね。

 

③は「これからの面白そうな体験の中で」ですが、感受性の柔軟性がポイントになると思うのですが、スチーブンスはどこまで柔軟になれるでしょうか。

 

どういう experiennce かというと、それが④⑤で、省略された関代 that を通して説明しています。注意すべきは、know が現在形であることで、スチーブンスが今考えていることを表しています。

「この先いつまでも消えることがないと、今思っている」、そういう経験の、まず最初のもの、ということです。

 

ということで、

「それはどういうことかと言えば、この先いつまでも記憶に残るこの旅のまず最初に感じた感動と言ってよいことでございました」

としておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-62です。

 

And I believe it was then, looking on that view, that I began for the first time to adopt a frame of mind appropriate for the journey before me.

 

今回も長い文です。その上構造も入り組んでいます。

分解して構造を見てみましょう。

 

① And I believe (that)

② it was then, looking on that view,

③ that I began for the first time

④ to adopt a frame of mind

⑤ appropriate for the journey before me.

 

こんな風に分解してみました。

①が主節です。that を補ってあります。that 以下は②以下ということになります。

believe は現在形で、今スチーブンスが話している時点での時制です。②以下は過去形になっていて、旅行をしているときの時制です。

「(that 以下)と思います」「と思っています」となりますね。

 

②以下は、①の内容になります。時制は過去になっています。その時点での現在です。

さて、it は仮主語です。真主語は③と考えたらいいです。

仮主語 it は当然 S で、was が動詞で、④の to adopt が補語になります。

つまり②と③は、「景色を見ながら、はじめに始めたこと(は)④です」となります。

 

④は「気持ちの大枠を受け入れること」です。

それはどんなことかは、⑤で形容されていて、「自分の前にある旅行にふさわしい」気持ちになった、とスチーブンスが思っているわけです。

 

以上を、前後に会うような言葉に変えながら訳していけば、

「そんな景色を見ながら、私は今度のたびに対する自分の気持ちが固まってくるような気がしていました」

とまとめられると思います。

 

と、まずそんな風に読んだのですが、③④をつなげて、つまり

began to adopt  として、for the first time は挿入句と考えることもできそうです。

その場合は、「気持ちの大枠を、まず受け入れ始めることは」は、⑤が補語となって

「私の前の旅に、ふさわしいと思っていました」

となりそうです。

 

どちらにせよ、作者が書いた言葉は決まっており、それらを意味が通じるようにつなげていくと、文法的な違いはともかく、訳として違いはあまりしませんが。さてどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

1ー61です。

 

It was a fine feeling indeed to be standing up there like that, with the sound of summer all around one and a light breeze on one's face.

 

ちょっと長い文になりました。俳句っぽいきれいな文です。

分解というか、構造を見ていきましょう。

 

① It was a fine feeling indeed

② to be standing up there like that,

③   with the sound of summer all around one

④   and a light breeze on one's face.

 

分解すると、こんな構造がはっきりします。

 

①は、仮主語 It のSVCの文型です。

それに対応する真主語は②の to be standing です。終わりの所にある that は、今スチーブンスがしていること全体を指しています。

「そのように、そこに立っていることは、本当に気持ちのよいことでした」

です。

つまり、かなりしんどい思いをして上まで上がってきて、ベンチのあるところで遠くまで見晴らして立っていることは、きっと汗が噴き出しているでしょうし、木々に囲まれた中で風が吹いてくれば、ほんとに気持ちがいいと想像できます。

 

というような状況を説明しているのが、③と④です。

前置詞の with で状況を説明しています。

 

③の one は、「人」のことで、一般的な人になっていますが、スチーブンス自身のことです。with は、そういう環境の中に、ということです。

「私の周りをぐるっと取り囲む夏の音のなかに」

ということですが、音がする中での静けさを感じます。蝉も鳴いているのでしょうね。カズオ・イシグロ芭蕉を当然知っているはずです。

the sound の the は、おなじみの夏の音という感じがします。

 

つぎの④での、one's face の one も同じく「人」ですが、やはりスチーブンスと考えていいですね。

「私の顔の上には軽い風が」

となるでしょう。

こちらは a light breeze となっていて、千の風の内の一つという感じがします。そういう働きを感じさせるのが、 a です。千の風の方は、カズオ・イシグロは多分知らないと思うのですが。

 

ということで、まとめると

「そのように、上がってきて遠くを見やっていると、そよぐ夏の音と軽い頬の風に包まれて、本当に気持ちがいいことでございました」

とします。

 

 

 

 

 

1-60です。

 

To my right, almost on the horizon, I thought I could see the square tower of a church.

 

今回も構造が分かりやすいい文で助かります。頭から順に読んでくればOKですね。

 

could は、仮定法ではなく、時制の一致でこうなったもので、元の形は can です。

thought の後に、that を補ってみれば、that 以下は、

「教会の四角い塔を見ることができた」

となり、そういうことを「思った」という主節の動詞 thought の目的語(節)になっているとわけです。

 

というわけですが、どこに、かは、文の前の方に書いてあって、

「私の右側に、ほとんど水平線の近くに」

ですね。

 

絵画などの遠近法では、目から下のあるものは遠くへ行けば行くほど上に上がってきて、いちばん遠くが水平線になります。また、逆に目から上にあるものは下に下がってきて水平線に落ち着く、ということになっています。

ということで、教会の塔はかなり遠くにあるということになりますが、もちろん塔の土台は水平線より下になければなりません。塔の先端は水平線より上になっているかもしれませんが。

 

「私の右側、はるか遠くに見えたものは教会の四角い塔でしたろう」

としました。

 

 

 

 

1-59です。

 

There were dots in some of the distant fields which I assumed to be sheep.

 

分解というほどではないのですが、関係代名詞と先行詞が離れているので、それを見やすくしてみます。

 

① There were dots in some of the distant fields

②      which I assumed to be sheep.

 

こんな感じになります。

dots = which というわけですが、気をつけないと、 which の先行詞はすぐ前の fields と勘違いしそうです。

 

訳としては、前から順に訳してくればよさそうです。

「いくつかの遠くの草地に点々がありましたが、あれは羊だと推測しました」

となります。

 

というところで、

「遠くの草地のあちこちには点々が見えておりましたが、あれは羊だったと存じます」

としておきます。

 

特に感動するような景色とも思えないのですが、遠くまで続く草地というのはイギリスらしい景色だと思います。というか、イギリスは緯度が高く、北緯40度から50度辺りなので、草しか生えないという風土です。穀類は栽培しにくいわけで、麦はともかくコメは難しいようですね。

つまり、草は人間が食用にはできないので、一旦羊や牛に食べてもらって、それを肉に変えて、その肉を人間が食べるという食物の連鎖が宿命となっているわけです。

地形のなだらかな起伏は、場所ごとの日照量の多寡となり、同じ品種でも成長速度に差が出てくることになり、牛や羊はあちらこちらに移動すれば違った成長段階の草を楽しめるというわけです。案外奴らはグルメかもしれません。まっ平らな土地というのは、むしろ困りものです。すべてが一斉に実ってしまうからです。

そういうありがたみを含めて、起伏にとんだ果てしなく続く草地の景色を誉める地元の住民の気持ちは理解するとしても、これが最上と断ずるのはチト早いかなと思います。

スチーブンスにとっては一つの基準にはなりそうですが、本来の悩み事はこれではなかったはずですが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1-58です。

 

The land rose and fell gently, and the fields were bordered by the hedges and trees.

 

今回も短い文です。56番では受動態で by が二回出てきました。今回もやはり by が出てきます。目に見えながら消えていくというような場面では、by は相性がいいのかもしれません。

 

特に分解して構造を確認する必要はなさそうです。

頭から訳してくればいいと思います。

 

were は、過去の事実、しかもスチーブンスが自分の目で実際に見た景色を描写しているわけで、完全な直説法です。仮定法ではありません。

 

ということで、

「草地は穏やかに上がったり下がったりしておりました。そしてその草地の周りは大小の木々で縁どられておりました」

と訳しておきます。