222番です。

 

As it was, however, no suitable opportunity arose foう略されているとr me to gain such information.

 

スチーブンスの口癖から始まっていますね。

As it was も、however も特に深い意味はないと思っていいと考えるのですが、スチーブンスにしては、いきなり用件をいうのは不躾であると思っているわけで会いたいの場合に、こういうあたりさわりのない言葉をまず話すというのが流儀です。

もちろん文法的に正確そのもので、無視することはできませんが。

 

As it was は、so が省略されていると考えたらいいです。SVC の C があると落ち着きます。As it was so ですが、「それはそうとして」となります。it は、この前の文までで話していたような状況全般を指しているわけで、特に具体的にこれというものはないですね。

グラハムさんが来なかったことや、今どこで何をしてるやら、のことを指しているわけです。

however は、しかしながら、ですが、残念ながら、という気持ちが入っていますね。

 

 

no suitable opportunity 以下が主節です。「ない 適当な 幸運が」というのが主語ですが、こういう名詞は日本語にするときは、用言として訳した方が自然です。

「適当な 幸運は なかった」とすると自然なわけです。

分かっていることですが、改まって言うことはなかなかないので、ここに書いておきました。為念。

幸運、というのは、グラハムさんがもういない、ということ以上の詳しい情報を手に入れること、です。

 

というところで、

「といっても、残念ながら それ以上の詳しいことは 分かりませんでした」

としました。

 

 

 

 

 

221番です。

 

I would like to have discovered what had become of Mr Graham, for although we had not known each other well, I would say we had got on on those occasions we had met.

 

長い文と言えるのですが、節がはっきりと分かれているので助かります。分解をしてみます。

 

① I would like to have discovered  仮定法 would like to do  ~したいと思っている
② what had become of Mr Graham,  関代
③ for although we had not known  前句 for 理由
                             each other well,   
④ I would say  仮定法
⑤ we had got on on those occasions get on 乗る 着る なんとかやっていく 進歩する など
                                                we had met.  that 省略 occasionsにかかる

こんなふうになるでしょうか。

 

①の would は仮定法です。熟語になっているのですが、if節が省略されていると考えられるようです。文法書などでは、仮定法を使った、ワンクッションおいたていねいな表現と書かれています。

ここは相当真剣に知りたいと思っていることを表現しており、切望はしていても実際は行動できておらず、望む結果が現実になっていないことが、仮定法を使う動機といえそうです。

だから、know ではなく、discover などというオーバーな言葉を使っています。

「私は、何とか知りたいと思っていた」

という感じです。

 

で、その知りたい discover の目的語が、②の関係代名詞 what です。what で導かれる関係代名詞節全体といった方が正確ですが。

「グラハムが、どうなっているか(について)」知りたいとおもっていた

と、なります。

③は、そういう行動の理由です。because を使っていないのは、続いている単語がalthough だからだと考えられます。

執事にせよ召使にせよ、普段は別々のお屋敷で仕事をしており、主人が移動するときに同行して身の回りの世話をするというのが通常のパターンで、その時に召使部屋で仕事関連の話題で盛り上がるけれども、自分自身の身の上話をするわけではなく、お互いのことは実際は知らないというのが、むしろ当然なわけです。

「というのも、私たちはお互いのことはよく知らないので」

となると思えます。

 

④は、like to が省略されていると考えた方がいいかもしれません。また、you know という英語の「合いの手」的な表現の変形と考えてもいいのかもしれません。

なので、日本語に訳すときには、あらためて「私は言いたい」などと訳すのではなく、です、とか、ございます、などに訳すのがいいかもしれません。

 

で、スチーブンスは何が言いたいのかというと、自分たちの身に降りかかってきている時代の波というものだろうと想像します。

そもそもダーリントンの邸館が身売りしたことから始まって、スタッフが少なくなったことで、仕事の進め方が変わろうとしているわけです。そういう変化をスチーブンスは受け入れがたいと感じており、そこがこの物語の底辺に流れる基調であることを忘れてはいけないようです。

 

そういうことを、やっぱり言っておきたいわけで、

⑤になります。

「私たちに起きていることを、ちゃんとわかりたいものですな」

辺りが、スチーブンスの正直な気持ちだと思います。

 

というところで、まとめれば

「私はグラハムがどうなったか知りたいと思っております。実際のところ私たちはお互いのことについてあまり知ってはいません。それにしても、私たちに何が起こりつつあるのか、知りたいところでございます」

としました。

 

 

 

 

 

 

220番です。 謹賀新年。

 

indeed that Sir James no longer employed any full-time staff at all.

 

この文は、小文字で始まっています。実は前の文はセミコロンで終わっていました。

ということは、つまり、この文は続きの文ということになります。

注釈というか、みんなでワイワイ話しているところで、急に声をひそめて尾ひれをつけるという感じに私は思えます。

 

that は、前の文の gathered の二つ目の目的語、正確にいえば、目的that節ということになります。

主節ではないので、変則的な否定の仕方がされています。本来なら、

that Sir James did not longer employed any full-time staff at all

となると思われるのですが、セミコロン内の従属節であるということと、スチーブンスはひそひそ話ふうにしたかった感じで、このような変則的な文になった気がします。

どうしてひそひそ話にしたかったかと言えば、ダーリントン卿もそうであるように、邸館の業務を縮小しているわけで、なんとなく憚れるような話題なのです。

時代はどんどん変化しているわけですね。今までのように一部の有力な人間だけが政治的な枠組みを決めていた時代から変わってきたということのようです。

爵位のある人物も、そこでの会合が少なくなり、したがって召使や執事の仕事も減り、フルタイムの正規従業員は必要がなくなってくるというめぐり合わせなのです。リストラの波が来ているようです。

 

indeed は、「確かに」ということですが、「そればかりでなく」とか「それにね、あんた」という感じがしますね。

 

Sir Janes ですが、フルネームは Sir James Chambers です。ジェームズ卿ではなく、チャンバース卿というのが正しいです。207番の文を見てください。

 

というところで、

「そればかりでなく、チャンバース卿のところではフルタイムの召使はもう誰もいないようでございます」

としました。

 

 

219番です。

 

Furthermore, during Sir James's subsequent stay, I gathered that Mr Graham was no longer in Sir james's employ;

 

特に長い文ではないし、これくらいは見通しがきくのでほっとしますね。とりあえず、分解をしてみます。

 

① Furthermore,

②         during Sir James's subsequent stay,

③ I gathered that

④                  Mr Graham was no longer in Sir james's employ;

 

こんな風になりますね。

①は、ちょっと余分な言葉を添えると、丁寧さが出てくるようです。

「そればかりでなく」です。

 

② 「その後のジェームズ卿の滞在中に」で、ジェームズ卿がいらっしゃったときに、ということです。

 

③が、主節です。

「that 以下のことを知りました」です。

SVOの文型で、目的語が that 以下というわけです。that は仮目的語です。

gather という言葉が使われていますが、know や realize ではないところがミソなのでしょうね。私は、スチーブンスは積極的に知りにいった感じがします。明日は我が身という気持ちがあったのかも、と思いますが。

 

④という文が、真の目的語になっています。

これはSVの文型ですが、no longer という否定表現が使われています。

「ジェームズ卿の雇人の中にはいない」と、直訳できます。

 

ということで、

「そればかりでなく、その後のジェームズ卿のご滞在中に、グラハムはもはや卿の下では働いていないことを知ったのでございます」

としました。

 

 

 

218番です。

 

I was, then, both surprised and disappointed to discover a day before the visit that Sir James would be coming alone.

 

今回は、わりとシンプルな文です。助かりますね。

とはいえ、分解してみます。

 

I was, then,

both surprised and disappointed

  to discover a day before the visit

    that Sir James would be coming alone.

こんな感じになります。

 

I was, then, both surprised and disappointed と、驚いた理由が二つ書いてあります。

that は関係代名詞で、先行詞は the visit で、それを修飾しているわけです。

 

もう少し細かく分解すると、

I was,   then,  SV
            both surprised  C
         and      disappointed  C
               to discover  不定
                    a day before  挿入句
                                        the visit  不定詞目的語
that  Sir James would be coming alone.  関代節

となります。

 

I was, then, both surprised and disappointed は、then を省略すれば、

I was both surprised and disappointed 驚ろきもし、がっかりもした、となります。

SVC の文型で、C が二つあります。

 

次の不定詞は、その理由です。

「ということを発見して」ですが、「ということを知って」です。

いつ、かと言えば、「一日前に」で、来訪の前に、ということですが、関係代名詞以下で、その来訪を説明しています。

「ジェームズ卿が、一人でくる」ということです。

 

というところで、

「そのとき、私はジェームズ卿がお一人でいらっしゃるということを知り、驚きもしましたし、がっかりも致しました」

となります。

 

217番です。

 

I looked forward to the visit not only because visitors from Lord Darlington's days are most rare now - Mr Farraday's circle, naturally, being quite different from his lordship's - but also bacause I presumed Mr Graham would accompany Sir James as of old, and I would thus be able to get his opinion on this question of bantering.

 

今回の文は長いですね。まず分解しましょう。

I looked forward to the visit

not only because visitors from Lord Darlington's days are most rare now

- Mr Farraday's circle, naturally, being quite different from his lordship's -

but also bacause I presumed Mr Graham would accompany Sir James as of old,

and I would thus be able to get his opinion on this question of bantering.

となります。

not only  but also の文の中に、ハイフンの挿入文が入り込んでいて、最後に and でおまけがくっついているという文です。見かけほどではなさそうです。

 

更に分解すると、

① I looked forward to the visit    look forward to 期待する
② not only because  not only
③     visitors  S
④        from Lord Darlington's days  前句  から比べて
⑤                     are most rare now  VC
⑥       - Mr Farraday's circle, naturally,  ハイフン間、挿入節
⑦          being quite different from  と異なるのは当然で
⑧                  his lordship's -  経営意図・目的・方針
⑨ but also bacause  but also
⑩     I presumed Mr Graham SVO 思い込む 推定する
⑪         would accompany Sir James                           as of old, 

関代who略  as of old 昔のまま

      相変わらず

⑫ and I would thus be able to get 意志未来の過去形 SVC
⑬ his opinion on this question of    bantering.  get の目的語

 

こんな風になるでしょうか。

look forward to とか not only ~ but also ... それに be able to ~など、中学で初めの頃に習うような熟語が実際に使われています。妙なことで感動しますね。

 

肝心なのは①ですね。

「来訪を期待していた」ですが、

その理由が、二つばかりあって、それが not only ~ but also ... です。 bacause で導かれる理由が二つ並列させてあります。

最後に書いてある⑬がスチーブンスの楽しみに待っていることですが。

 

さて、ふたつの理由のうち、まずはじめのは、②③④⑤まとめて、

「お客様が ダーリントン卿の時代に比べて 今では 非常に少なくなっている から ばかりでなく」

となります。

 

ファラディさんになってから少なくなったと言っても、それはファラディさんのせいではない、と付け加えています。それがハイフン部分です。

Mr Farraday's circle は、交友関係となるのですが、顧客とか、仕事上の取引相手とか、まとめて関係者という感じです。

「ファラディ様の関係の方々は、経営方針の違いで 大きく異なるのは 当然のことで」でしょうか。

ファラディさんのようなアメリカ人の実業家が、イギリスで古い屋敷を所有する目的は一体何か、と聞きたくもなりますが。

 

それにしても、スチーブンスは冗談のことがうまく折り合いがつけられなくて悩みぬいているわけで、信頼できる意見が聞きたいものだと、楽しみにしたくなるのは無理はありません。

来館者がすくなってしまっているので、やっとそういう機会がきた、と小躍りしているのですね。それが⑨⑩⑪です。

「昔のように ジェームズ卿にお供をして グラハムさんが 来ると 推定した からでも ありました」

となります。

「グラハムさん」と、「さん」付けにしましたが、原文⑩では Mr がついていたからではありますが、グラハムさんとスチーブンスは執事同士で、つまり同僚であり、同格といえます。日本語の感覚では、さん付けよりも呼び捨ての方がふさわしいと思えるのですが、ジェームズ卿も含めて敬意を表わしていると考えました。

ところで、ジェームズ卿ですが、本当は「ジェームズ・チャンバース卿」というべきです。207番の文で、Mr Graham が出てくるのですが、そこで誰に仕えているのかが書いてあり、それは Sir James Chambers なのです。したがって、「チャンバース卿」とすべきなのですが、ジェームズ卿としました。

 

⑫⑬は、グラハムさんが来た場合に、可能になることですが、

「そうすれば 冗談の疑問に対する 彼の見解を 聞くことが できる」となります。

これも、二番目の理由に含めて訳しても、別に訳して、あとでつけ加えるという訳し方もできると思います。

 

というところで、まとめると、

「私は期待いたしました。と申すのは、ファラディさまの経営方針の違いもあり、このところお客様のご来館も少なくなっておりましたし、そればかりでなく、その中で、昔と変わらずジェームズ卿にお供をしてグラハムさんがくるということがわかり、それなら彼の考えがを聞くことができると思い込んでしまったからでございます」

となります。

 

 

 

 

 

216番です。

 

In fact, some two months ago, I was most happy to learn that Sir James was to visit Darlington Hall.

 

今回は、特に問題になるようなところはなさそうです。が、構造がはっきりするように分解をしてみます。

 

① In fact, 前句
②  some two months ago,  挿入句
③ I was most happy  主節SVC
④ to learn that 不定詞 関代
⑤ Sir James was to visit Darlington Hall. 従節SVC

 

こんな風になるでしょうか。

中心は、③の文です。SVCの文型です。「私は 最高に 幸せだった」となります。

で、それはいつかということですが、それは②の「二か月前のことですが」で、挿入句になっています。some がありますから、「二か月ほど前」でしょうか。

その前に、①を置いて、読者の注意を引きつけています。「実は(こんなことがあったんですよ)」という感じですね。

 

それで、そのときどうだったのか、という原因を④の不定詞で表しています。「を知って」ですが、何を知ったかは、that が learn の目的語になっていますね。つまり、「that 以下のこと(⑤ですね)を知って」となります。

で、⑤は、「ジェームズ卿が ダーリントンの邸館に 来ること」です。

was to は、予定を意味しています。つまり、

「ジェームズ卿が、ダーリントンの邸館に お越しになることを 知って」です。

 

というところで、まとめると、

「実は、二か月ほど前のことですが、ジェームズ卿がダーリントンの邸館にお越しになることを知って、とても楽しみにしたのでございます」

となります。

 

スチーブンスは、ジェームズ卿に興味があるわけではなく、従者としてやってくる執事か召使に、冗談のことを聞きたいのですが。