169番です。

 

For it may well be that in America, it is all part of what is considered good professional service that an emplyee provide entertaining banter.

 

特に入り組んではいないようですが、分解してみる手ですね。失敗が少ないはずです。

 

① For it may well be

②      that in America,

③        it is all part of what

④                               is considered good professional service

⑤        that an emplyee provide entertaining banter.

 

難しい言葉は使われていませんが、関係代名詞 what が一つと、仮主語真主語関係の that が二か所も使われています。

①の仮主語 it は、②の that 以下が真主語で、結果的に文の最後までが含まれます。

③の仮主語 it は、⑤の that 以下が真主語です。そして、③の文はSVCの文型ですが、そのC つまり補語として what 以下④の節が使われています。

 

そういう構造が分かってみれば、あとは訳すだけですね。

 

①の for は、because の意味ですから、「なぜなら」「というのは」あたりです。

その次の it may well be は、倒置されていますが、 may と be をくっつけると maybe という一語に聞こえてしまうのを避けたかったのであろうと、多分思います。 

may well be は、直説法ですから、確定的な「かもしれない」で、might を使った仮定法の想像での「かもしれない」とは異なることを強調したかったわけですね。

といっても、この三つを並べてみると、

it may well be

it may be well

it might be well あるいは it might well be

という具合で、違っているけれど、訳し分けるのは難しい気がします。

というのも、may かもしれない 自体に想像していることが含まれているからですね。

英語の先生に、きちんとしたことを聞きたいと思っています。

 

さて、①は

「というのも、that 以下のことは、いいことかもしれない」

となります。

 

①の仮主語 it に対する真主語は、②の that 以下で、⑤まで全部が含まれているのですが、②で、「アメリカでは」と条件を付けておいて、

③④⑤が文の本体となっています。

③の it も仮主語で、真主語は⑤の手 that 以下ですが、ここは時制や単複にこだわらず軽く表現しているようです。

本来なら、

that an emplyee provide entertaining banter. は、

that an emplyee provides an entertaining banter. となるべきですが。

 

「雇われ人が、面白い冗談を用意しておくことしておくこと」が

「プロとして当たり前の技術だと考えられていることの」

となって、それが③の all part of だというのですね。

「部分の全部」というのは、

部分部分をつなぎ合わせて、そうすると全体になるという感じでしょうか。

「~も仕事のうちである」あたりが いいかもしれません。

 

ということで、

「というのも、アメリカでは雇われ人が気のきいた冗談で応えるのは、それも仕事のうちであると考えられているように思ったからでございます」

としました。

  

 

 

 

168-b 番です。(番号を付けるときにミスをしたため、ーbになっています)

 

This last possibility is one that has given me some concern over these months, and is something about which I still feel undecided.

 

とりあえず分解してみます。というほどのことはないのですが、one と something との対比が分かるようになります。

 

① This last possibility is one

②                                          that has given me some concern

③                                                                                 over these months,

④                     and     is something

⑤                                                about which I still feel undecided.

 

こんな風に分解すれば、文の構造がはっきりします。

This last possibility が主語で、is が動詞、補語がone と something の二つになっているわけです。

「この後者の可能性は、one と something です」となるわけです。

後者というのは、「スチーブンス独自の冗談を返す」ということで、前者は冗談を理解したという意味の「笑いだけを顔に浮かべる」ということですね。

 

③は、副詞の働きをしている前置詞句です。

「このところの何か月の間に、わたしにある考えを与えていた」です。

 

⑤は、④の something を先行詞とする関係代名詞 which の内容ですが、その関係代名詞 which は、前置詞 about の目的語にもなっていて、それらが something にかかっています。

「そしてまた、決定できないままの何かでもありました」

と直訳できるのですが、単純に同じ言葉での対句ではなく、少しずつことばをかえての対比と、それから受け取る時間の経過、心の変化などが感じられる文です。さすがノーベル賞と思います。

 

というところで、まとめると、

「何か月かすると、笑うだけより私なりの冗談をお返しした方がいいと思うようになりましたが、なかなか踏ん切りがつかないのでございます」

としました。

 

 

168番です。

 

or indeed, reciprocate with some remark of my own.

 

今度も短い文です。

というか、先頭は小文字で始まっていますし、前の文はセミコロンで終わっていました。前の文と一体のようですね。

 

ということで、reciprocate は 前の文の動詞、was expected to に続く不定詞なのですね。つまり、

was expected to laugh と was expected to reciprocate の二つのことが不定詞で表されていて、その二つが or という接続詞で結ばれているという構造です。

 

「そうでなければ、私独自の冗談を返すべきでした」

と、直訳できます。

 

ファラディ―さんの冗談に、素直に笑うか、あるいは、一歩進めて、気のきいた冗談を言うことで返すか、ということが期待されていたんだけれども、という状況ですが、

スチーブンスは、頭ではわかっちゃいるけど、体が反応しない、というわけですね。

ダーリントン卿の時代には、しかめっ面で言われたことを言われた順にこなしていればよかったわけで、ファラディ―さんの時代になって、仕事の質の変容を要求されているのについていけないということですね。

 

時代が大きく変わっていく時、なかなかその変化に馴染めないのは当たり前ですが、スチーブンスは真面目なだけに、よけい動きがとれないという感じですね。

ということで、直訳のままで、

「そうでなければ、私独自の冗談を返すべきでした」

とします。

  

 

 

167番です。

 

Perhaps I was expected to laugh heartily;

 

短い文です。

前の文では、期待されていることが十分に分かっていなかった、とスチーブンスが述懐していました。

その期待のされ方はどんなものだったのかを、自分で見当をつけている文ですね。

 

「たぶん、私は心から笑うことを期待されていたのでしょう」

 

と直訳できるのですが。

 

ウケるというのが普通になってきているので、

「おそらく私はウケればよかったのです」

とするか、更に進めて、

「そこで、ボケをかませばよかった」

あたりもありかと思うところです。

 

 

166番です。

 

Nevertheless, I could never be sure exactly what was required of me on these occasions.

 

途中に関係代名詞 what の節が入り込んでいるだけです。

分解も何も特に考えることもなく普通に訳せてしまいます。

 

「とはいうものの、そういう時にわたしがするべきことに納得がいってるわけではございません」

 

ということでいいと思うのですが、文法的なつながりがいまいちはっきりしないのが気になります。

 

I could never be sure exactly は、SVCの文型で、これで完結です。「確信ができなかった」です。

what was required of me on these occasions は、「そんな時に私がすべきこと」ですから、目的語(この場合は目的節ですが)ということになるのですが、これがどこに続くのがはっきりしないのです。

sure というのは形容詞で、目的語は取らないので、what 節の行き場がないと思うのですね。

そこが不思議な所なのですが、こういう繋がりで、しっかり意味が通じるし、これ以外に書きようがないとも思えます。

つまり、さすがノーベル賞と言うことになりそうですが、sure が便利な言葉なんだろうと思います。

 

もう一度書いておけば、

「とはいうものの、そういう時にわたしがするべきことに納得がいってるわけではございません」

と訳して、次に行きます。

  

 

165番です。

 

Over the following days, however, I came to learn not be surprized by such remarks from my employer, and would smile in the correct manner whenever I detected the bantering tone in his voice.

 

これも分解してみます。

 

① Over the following days

②     , however,

③ I came to learn not be surprized by such remarks from my employer,

④ and would smile in the correct manner

⑤ whenever I detected the bantering tone in his voice.

 

①と③はつながっているのですが、途中に②が挿入されているため、親切にコンマが入って、そういうことが分かるようになっています。

③の to learn not be surprized というのが、要注意のようです。なんとなく熟語つまりイディオムくさい感じがしますが、このままの形で辞書に出ていません。似たものが出ていて、それは learn to live with O (不愉快・苦痛などに)順応することを学ぶ となっています。

ということで、③も不定詞の to を補って考えることにします。その不定詞は受け身の形になっていて、それが not で否定されているのです。

つまり、驚かないことを学ぶようになった、わけで、何に驚かなくなったかというと、

ご主人様の例のごとくの冗談、にですね。

 

ということで、①②③は、

「とはいえ、しばらくたつと、ご主人さまのそういう冗談には驚かなくなっていました」

となります。

 

驚かなくなったばかりでなく、さらに、こわばっていた表情にも余裕が出てきたようで、それが④⑤となります。

スチーブンス本人は、余裕が出てきたと思っているのですが、はたしてそれが本当に表れているかどうかは、自分の顔の様子ですから自分では見れないわけで、そうであろうと想像した表現、つまり仮定法になっています。それが④の would です。

in the correct manner は、それに応じて、とか、それにふさわしく、あたりで、然るべく、などもありかもしれません。

「それに応じて顔を緩められるようになりました」

です。

 

それはいつかといえば、⑤ですね。ここはスチーブンスが detect した事実ですから、直説法の過去形で書かれています。

ご主人様の声に 冗談の調子が 感じられたときは いつでも

ですね。

 

ということで、全体は、

「とはいえ、しばらくたつとご主人様のそういう冗談には驚かなくなっていましたし、さらに、声の調子冗談めいたものが感じられたときは、それにふさわしく顔の表情を緩められるようになっていました」

となります。

  

 

164番です。

 

Then I realized he was making some sort of joke and endeavoured to smile appropriately, though I suspect some residue of bewilderment, not to say shock, remained detectable in my expression.

 

例によって分解してみます。

 

① Then I realized

②                        he was making some sort of joke

③                and       endeavoured to smile appropriately,

④ though I suspect

⑤                            some residue of bewilderment

⑥                    , not to say shock,

⑦                            remained detectable in my expression.

 

こんな感じになるでしょうか。

前の文163番では、スチーブンスはファラディ―さんが言っていることが、しばらくの間は、分からなかったと言っていました。

つまり、しばらくしたら分かったのですが、そのわかり方についての説明です。

 

①の I realized の目的語が、②と③になります。つまり、①②③はSVOの文型です。

 

②彼が冗談のようなことを言って、

③それに似合う笑いを浮かべて いることに

①しばらくして、気がついた。

 

となるので、これをつなぎ合わせると、

「しばらくしたら、私はファラディ―さんが冗談のようなことを言い、それにふさわしいにこやかな表情を浮かべていることに気がついた」

となります。

 

though でつながっている④以降は、I suspect の目的語として⑤⑥⑦があります。この⑤⑥⑦は、文になっているので、目的語と言うのではなく、目的節という方が正しいです。

そして、この⑤⑥⑦の文は、⑥の挿入句を除けば、⑤と⑦が、SVCの文型になっています。remained が、自動詞ということで、そういう状態でとどまっている、という感じです。

つまり、スチーブンスにはファラディさんがが言っていることは冗談だとは、やっとわかったけれど、表情はそれに追い付かず、自分の顔なので直接見ることができないので、見当をつけてみると、妙にこわばったままだったのではないかと思った、わけです。

それで、suspect を使っているのですね。

 

⑤は、ある種の当惑の残り物、となるのですが、残り物という名詞は、日本語では、残っている、と動詞に変えた方が自然のような気がします。

ある種の当惑のようなものが残っていた、とした方が日本語らしいと思うわけです。

その当惑というものは、⑥ not to say shock 衝撃というほどではないが、が挿入されていて、

そこまでの表情ではないにしても、

⑦私の表情には、検知可能な、つまり、はたから見たら分かるような当惑が

残っていたと疑われる、

となります。

 

まとめて、

「やがて、ご主人様は冗談をおっしゃっていて、それで笑っているのだと分かったのですが、私の顔には、衝撃とまでは言わないまでも、当惑の表情が浮かんでいたと思います」

としました。