教室案内

206番です。 Sometimes, naturally, there would be strong disagreements, but more often than not, the atmosphere was dominated by a feeling of mutual respect. スチーブンスのこういう言い方には慣れてきました。分解してみます。 二つの文が等位…

184番です。 I therfore set about thinking of some witty reply; 前の文では、ご主人様のスチーブンスに対する冗談が悩みや煩わしさのもとであると説明していました。 それならば、あらかじめその答えを用意しておこう、とスチーブンスは考えたようです…

イーブルなごや 教室案内 

ことばの楽園 教室のご案内 講座名 「ノーベル賞を訳して読もう」 カズオ・イシグロの「日の名残り」を読んでいます。 プロローグの章全体では232の文があります。 残りは、あと30文とちょっとです。 次回講座 2021(令和3年)10月 26日 (火)…