ノーベル賞を訳す

170番です。 In fact, I remember Mr Simpson, the landlord of the Ploughman's Arms, saying once that were he an American bartender, he would not be chatting to us in that friendly, but ever-courteous manner of his, but insead would be ass…

169番です。 For it may well be that in America, it is all part of what is considered good professional service that an emplyee provide entertaining banter. 特に入り組んではいないようですが、分解してみる手ですね。失敗が少ないはずです。 ①…

168-b 番です。(番号を付けるときにミスをしたため、ーbになっています) This last possibility is one that has given me some concern over these months, and is something about which I still feel undecided. とりあえず分解してみます。とい…

167番です。 Perhaps I was expected to laugh heartily; 短い文です。 前の文では、期待されていることが十分に分かっていなかった、とスチーブンスが述懐していました。 その期待のされ方はどんなものだったのかを、自分で見当をつけている文ですね。 …

164番です。 Then I realized he was making some sort of joke and endeavoured to smile appropriately, though I suspect some residue of bewilderment, not to say shock, remained detectable in my expression. 例によって分解してみます。 ① Then…

163番です。 For a moment or two, I had not an idea what my employer was saying. いつもこういう文だと助かりますが。 いつもの分解もするほどのことはなさそうですが、関係代名詞 what が使われていますので、ちょっとやってみてもいいですね。 ① Fo…

162番です。 She may be just your type.' さいごにアポストロフィで閉じられていますので、ここまでがファラディさんのセリフというわけですね。 直説法の may be で書かれています。仮定法の might ではないので、確定的に「かもしれない」と言ってると…

160番です。 Maybe you could take her out to one of those stables around Mr Morgan's farm. 前後に引用符はありませんが、これもファラディ―さんの発言で、いくつか話したうちの一つです。 前の文と同じように、省略されている語句を補うことができま…

159番です。 'Maybe you could keep her off our hands, Stevens. と、今回はこれだけです。 could は仮定法ですね。ファラディさんが想像していることを表しています。 (I) Maybe (ask you that) you could keep her off our hands, Stevens. と、省略さ…

158番です。 'God help us if she does come,' Mr Farraday replied. 英語では会話部分は、まず会話の一言を書いて、それを引用符でくくり、それを言った人を明示して、その後に、続きの言葉を書くというのが鉄則のようです。 ここでも、この文の後に、フ…

157番です。 For instance, I once had occasion to ask him, if a certain gentleman expected at the house was likely to be accompanied by his wife. 前の文ではスチーブンスは、ご主人がおっしゃったことで驚かされたことは一度や二度ではない、と…

156番です。 In fact, during my first days under Mr Farraday, I was once or twice quite astouned by some of the things he would say to me. それほど長い文ではありませんが、分解してみます。 ① In fact ② , during my first days under Mr Farra…

155番です。 Indeed, to put things into a proper perspective, I should point out that just such bantering on my new employer's part has characterized much of our relationship over these months - though I must confess, I remain rather uns…

154番です。 he was, I am sure, merely enjoying the sort of bantering which in the United States, no doubt, is a sign of a good, friendly understanding between employer and employee, indulged in as a kind of affectionate sport. 前の文が…

153番です。 Embarrassing as those moments were for me, I would not wish to imply that I in any way blame Mr Farraday, who is in no sense an unkind person; セミコロンでおわっていますから内容的には次の文に続くわけですね。ただし、文法的に…

152番です。 I therefore continued to stand there awkwardly, waiting for my employer to give me permission to undertake the mortering trip. 文の構造としては、複雑ではないようです。とはいえ、まず分解してみます。 I therefore continued to s…

151番です。 Naturally, I felt the temptation to deny immediately and unambiguously such motivations as my employer was imputing to me, but saw in time that to do so would be to rise to Mr Farraday's bait, and the situation would only be…

150番です。 But then I really don't know it's right for me to be helping you with such dubious assignation.' ファラディさんのセリフの続きですね。文末にアッポストロフィの片割れがあります。それほど複雑ではないようですが、分解をしてみます…

148番です。 'I'd never have figured you for such a lady's man, Stevens,' he went on. figure 考える ~だと思う 描く ladies man 女好きの男 女たらし クオテーションマークで囲まれています。ファラディさんの発言ですね。 I'd は、辞書を見ると、 I…

147番です。 but you will no doubt appreciate how unconfortable a situation this was for me. appreciate 正しく理解する 評価する 小文字で始まってるのは、前の文がセミコロンで終わっていたせいです。 この文は doubt 、前の文は question 、とい…

146番です。 There is no question at all that he meant any harm; 英語らしい文章です。 there is 構文では no question が主語で、それを that 関係代名詞で説明しています。 しかも、no が使われている否定文ですから、後半の関係代名詞部分は some …

145番です。 he is, after all, an American gentleman and his ways are often very different. 前の文がセミコロンで終わっていたので小文字で始まっています。 一つの文に見えますが、正確には二つの文が等位接続詞 and で結ばれています。つまり、ふ…

144番です。 But then I do not mean to imply anything derogatory about Mr Farraday; imply 暗に意味する ほのめかす derogatory 傷つけるような 軽蔑的な あわててスチーブンスが弁解する様子ですね。文法的話題は、不定詞の役割、ということくらいで…

143番です。 This was a most embarrasing situation, one in which Lord Darlington would never have placed an employee. コンマと、関係代名詞とその前の in 、それと、would もポイントですね。 コンマも重要です。なくてもいいようにみえるのですが…

141番です。 In any case, Mr Farraday seized the opportunity to grin broadly at me and say with some deliberation. in any case どんな事情にせよ ともかく = anyway seize 急にぐいとつかむ とらえる grin にこっと笑う broadly 大雑把に 幅広く d…

140番です。 I suspect, then, that I paused rather abruptly and looked a little awkward. suspect 怪しいと思う 疑いをかける だと思う abruptly 突然 不意に 不愛想に awkward 不器用な ぎこちない 無様な 今回も分解しなくて済みそうです。 二つの…

139番です。 To have continued pronouncing aloud my thoughts on the future of Darlington Hall would have been, to say the very least, presumptuous. to say the least (of it) 控えめに言っても presumptuous 生意気な おこがましい 珍しく不定詞…

137番です。 It was only after I had mentioned Miss Kenton that I suddenly realized how entirely inappropriate it would be for me to continue. なかなか入り組んだ文になっています。 というのも、このプロローグの章は、スチーブンスが語り手と…

136番です。 I suppose I must have been intending to explain to Mr Farraday how I would thus be able to explore an opinion which might prove the ideal solution to our present small problem here in this house. 今回は割とすんなりと読める文…

135番です。 So it was that in indicating my reasons for preferring the West country for my mortering, instead of leaving it at mentioning several of the alluring details as convoyed by Mrs Symons's volume, I made the error of declaring …